整体実話 腰痛!!

※身体の痛みや不調は様々な原因によって起こります、その痛みや不調には重篤な病気が隠れている可能性があります。したがってまずは医療機関おいてしっかり検査したうえでの施術をお勧めいたします。向山整体センター

腰の痛みにお悩みではありませんか?朝起きた時の腰痛が気になっていませんか?

腰痛をくりかえす・・・

腰が疲れやすい・・・

ぎっくり腰をやってから腰に違和感が・・・

朝起きると腰が固まっている・・・・

腰を曲げているとすぐに伸びない・・・・

違和感を感じているが忙しくて放置している・・・・

年のせいで仕方ないと思っている・・・・

朝の腰痛や老年期の腰痛について説明いたします

若い人の初期の腰痛(朝の腰痛)、中年期の腰痛など、年代によって様々ですが。ここでは、症状の似た初期の腰痛と老年期の運動不足の腰痛を説明します。老年期になると運動不足になりがちで、筋肉、靭帯は使わないと(運動不足)と硬くなり、また使いすぎ(過労)でも硬くなる、といった性質を持っています。

特に朝は、一晩床の中にいて動かさない、これがまた硬直させる。床の中で、起きようと腰を伸ばすが、思うように伸びない。それを無理に伸ばそうとするから痛みが出る。だがこの痛みは自分でやっているのだから、ぎっくり腰と違い我慢はできる。何回か繰り返しているうちに、筋肉が楽になる。起き上がって歩き出すが、運動範囲が広がり、痛みがありぎこちない。

それでも三十分、一時間と動いているうちに筋肉に弾力がついて痛みがなくなる。疾患を忘れてしまうが、進行すると下肢の痛みが波及してくる。そのままにしておくと慢性痛になり、時にどうにもならないぎっくり腰に進展する。人間の体はよくしたもので、痛みで筋肉が硬直して、関節の動きを制限してしまう。

そのため痛みが軽減し、徐々に動けるようになる。だが立って歩いた時に、への字、くの字で歩く。日とともに、それも次第に感じなくなり、可動範囲は狭くなる。一度腰痛を覚えると、治ったと思っても再発、再再発をし、そのつど、症状は重くなっていき、諸症の原因となる。

その腰に痛みも当センターの施術で解決できます!!

当センターでは、腰痛の施術法として具体的に下の様な施術法を行っています。

施術法①

独自の方法で、腰痛やぎっくり腰の元である骨盤(仙腸関節)の歪みズレを中心に全身を調整していきます。

施術法②

ゴムバンド療法といい、ゴムチューブを使った自己療法を兼用することにより、重い症状も早期改善させます。

過去の腰痛の施術ではこんな例もありました!!

 

施術例 朝だけ痛む初期の腰痛・・・

六十代の女性である、去年のくれに、ぎっくり腰にになり二週間辛い思いをされたそうで、年明け早々に予約が入った。問診では最近、朝起きると腰が痛くて、時間がたつと気にならなくなるというような日々を繰りかえしていた。老齢気または初期の腰痛である。

施術は大したことではない、骨盤を中心に一通り施術するだけである。結果は三回の施術で朝はスッキリと起きられるようになり、腰痛は改善されました。あとは、再発をしないように注意するだけです。

このくらいの症状で施術していただければ早期改善できぎっくり腰も予防できるでしょう!

 

施術例 一生付き合っていくしかない・・・

今日のお話は、よくあるお話なのですが整体術の真骨頂の様に思うので。先日、来院された30才の女性、元々の腰痛があり出産してから益々痛みが辛くなり整形外科行った

診察が終えるとレントゲンを見ながら、腰の骨が曲がっているので一生付き合っていくしかないと言われ痛み止めの薬を頂いた。

そんな酷いこと言われちゃったの?どれどれ?腰を診てみると・・・!!ありゃ!!本当に曲がってる・・・うんん・・・でも、腰痛と坐骨の痛みは取れるから大丈夫だよ!!と伝え施術に入る。施術は一連の基本の施術。ピシッ!ピシッ!と百点の施術ができました。

翌週、来院するとあら不思議!坐骨の痛みもとれ何年かぶりにこんなに腰が楽になったと大喜びされ腰の曲がりもまだあるものの半減していました、しばらく通ってしっかり治すそうです。めでたし!こんな感じの当センターでよくあるお話でした!このような軽い腰痛でしたら病院より早く改善すると思います。こんな方ばかりなら整体も楽なのですが・・・是非とも伝統療法をお試しください。

 

施術例 効かない痛み止めをずっと飲みながら仕事・・・

三十代の看護師さん一年前にぎっくり腰をやって効かない痛み止めをずっと飲みながら仕事をつずけていて、来院した時も仰向けになって
腰を浮かせられずに腰を引きずってました。

骨盤と腰椎にしっかりと調整を加えるとその場で腰がスイスイ浮かせられるようになり一年間の痛みが二回の治療で改善しました。ところで、何で効かない薬を一一年も飲んでたの?と聞いたら、医者が飲めと言ったからとの事でした・・・嘘のような本当のはなしです、でも痛みがとれてめでたしめでたしでした!!このような軽い腰痛なら病院よりも整体が良いかと思います。しかし検査をすることは大切なことです。

 

施術例 尾てい骨が出っ張ってしまい・・

(尾てい骨痛) 三十八歳 鴻巣市在住 女性の例
前に腰痛で来た方で、朝物を取ろうとかがんだ時にピリッときて尾てい骨が出っ張ってきて痛み仰向けに寝ても当たって痛いと言う。こうゆう物は早く処置すればすぐに良くなります。

ああそれは一回で良くなるよ!!と言い腰をかるく調整すると帰りにはなんだか尾てい骨が引っ込んだみたい!!と喜んで一週間後に予約を入れて帰りました。一週間後に来た時は尾てい骨痛は消失していました。

同じ尾てい骨痛でも、歪みが古い場合は多少回数が掛かることがあります。身体の硬さにもよりますが、最近ではかなり昔からの尾てい骨痛が三回の調整でよくなった方もいて今は、二週間に一回のペースで様子を見ているところです。調子はいいと喜んでいらっしゃいました。

施術例 ゴムバンド運動で完治・・・

四十代 男性

一年にに三回ぎっくり腰を繰り返していた、いつもは川口市にある病院で注射を打ってもらうと一発で治るのだけれど今回は、二回打っても治らなくて・・・と来院されました。

テレビで腰痛番組を見ていたら、〇〇医科大学で腰痛に効く注射をしていると知り、早速、〇〇医科大学に電話をしてみたところ、すでにしばらくの間満員で、かわりに川口市の病院を紹介されたそうした。

問診をして触診の時に背中を診たらジグザグに背骨が曲がっている、しかも体が異常に硬い・・・今回の腰痛は、数回のうちに改善したのだが、根本的に治さないと何回も繰り返して最後には大変なことになると説明した。足の裏に釘が刺さってしまい、釘を抜かないで注射をして歩いてしまったら大変なことになるでしょ、それと同じことです。

しかし、どうしても痛い時には当然注射も有りですが、痛みを感じなくして仕事をしてしまえばそれと同じしかし、ことで腰や背骨に相当な負担がかかります。理解してくれたようでしばらく通ってくれた。とにかく痛みの自覚症状も大切だが背骨の曲がりを治さなければならないので、早期改善を期待して、整体とゴムバンド運動をしていただいた。男性ではめずらしくしっかり施術法を理解し努力もしてくれた。

数か月がすぎて、お正月に帰省するからと予約をされないでお帰りになった。それっきりになってしまった。それから約二年がたったある日、突然その方が当センターに来られ、先生!ゴムバンドください!!と。本人が言うには、あれから約二年ゴムバンド運動を真面目に続け腰痛を完全に克服されたそうで、会社の同僚の分のゴムバンドもっていかれました。努力はむくわれると言うことですね!!

 

施術例 慢性腰痛・・・

今年も、バレンタインデーのチョコレートを患者さんからいただいたのですが、なんと82才の可愛らしいおばあちゃんからも頂き、ありがとうございました!!

さて、今回は慢性の腰痛について。去年の4月に当院で腰痛を治された女性の紹介で40才の男性の慢性腰痛で何年も前から腰痛と右足のシビレがあり来院されました。4月から7月までの間に12回ほど施術いたしましたが、右の腰だけが硬くなっておりその場所が治療点になっていました、

4回目の施術で右腰の調整が上手くいき、13回目の予約が仕事でキャンセルになりそのまましばらくみえなくなっていましたが、先週、半年振りにヒョッコリ予約が入り来院されました。

すっかり腰痛とシビレは良くなったらしく連絡もしないですみませんと言っていました、久しぶりに施術をすると今までにないくらいの良い整体ができ完全に慢性腰痛の悪循環から抜け出たようです。

最近、テレビなどでほとんどの腰痛はストレスが原因と言われます、私はそうは感じませんがどうなんですかね?是非とも伝統療法をお試しください。

 

施術例 強い施術はいけない・・・

六十代 女性

当センターに通っていた大工さんからご紹介を頂いた。六十代ばのおばあさん、昔の事なので今の八十代の様である苦労もしたのであろう。おばあさんは、長年重労働を重ね働いていたので、腰に負担がかかり腰部の筋肉が慢性疲労して硬直していた。しかも腰は右側がボッコリと出ていて曲がっている、その曲がりは若い時からたという。

昔、私の住んでいる町は、今でこそショッピングモールなど様々あるがその昔、そのおばあさんの話では駅はあったが出入り口が東口しか無く現在のように西口は無かったと、なので一旦東口に降りてから西口に回るようにして戻っていた。若いころにそれが面倒で駅に着く前に、何と電車から飛び降りていたそうで多くの人々がそうしていたという。

凄い話であるが本当の事の様だ、その時に、腰を強打しで曲がってしまったという事でした。それ以来若い時に腰が痛く病院にも通ったが良くならなかったと言われた。おばあさんいわくお相撲さんが通う大病院に行っていたと。右側の仙腸関節が大きく狂っていて慢性しているので痛みはそれほどでもない様子、長年働いて鍛えているせいか「俺は根性があるから」が口癖の様であった。

坐位の時はさほど不自由は感じないが、立つと足の後ろの筋肉が突っ張る。歩行すると後ろ側の筋肉が痛む。歩くにつれて痛みが激しくなり、その場に立ち止まってしまう。しばらく休むと又歩ける。また痛くなって休む。何回かそれを繰り返しているうちに、痛みだすのが早くなりついには歩けなくなってしまう。

おばあさんの症状の始まりは四十歳ころで、腰が重くなった。疲れると痛みも出るが、我慢できる程度之ものであった。やがて足に痛みが出るようになった。初めは自然に治っていたがそのうちに痛みが強くなっってきた。痛い時には歩けないがそれが自然の休養になって痛みは軽減する。症状は一進一退を繰り返しながら、徐々に進行していったそうで、五十代には体力の低下とともに下肢の痛み(坐骨神経痛)は決定的なものになった。

仙腸関節を調整するとおばあさんは楽になったと喜んだ。上半身、下半身の動きは良くなるが長年の疾患だから効果はわずかだ。うつ伏せにすると骨盤は山形になっていて腹部は床に着かない。下に座布団を二つ折りにして、かいものをして、臀部から下肢の硬直した筋肉をほぐす。その筋肉を押すのだから痛いはずなのだが、おばあさんはじっと我慢している。

長年の神経痛の何とも言いようのない痛みには慣れている。時には下肢を切り取ってしまいたい思いもしたことがあるという。何とかして良くしようと頑張っている、やる方も一生懸命ダ。終わると座るのが楽になり、立たせてみると、来た時よりも腰が半分くらい伸びていた。おばあさんは、手を合わせてお礼を言って帰っていった。数日後、おばあさんは施術に来たが、腰は元に戻ってしまっていた、それでも下肢の筋肉はいくらか緩んではいた。

施術十回目くらいで体の曲がりは半分になり寝ている時の痛みは無くなった。おばあさんは、「この治療なら治りそうだ」と思ったらしい。その日、腰椎がわずかだが動いた。「腰がスーッと楽になった」と言う。ほぼ真直ぐ立てた。だが五分で元に戻ってしまった。それでも、おばあさんは、体が真直ぐになったと喜んでいた。「私の腰は伸びるでしょうか」と聞く。

時間はかなりかかると思いますと答えると「早く治してくれという」二十年近くして悪くした腰、それと高齢だから無理に調整すれば伸びるが酷い痛みが出て入院という可能性もある。「無理しないで気長に治しましょう」と説明したが、「私は、根性があるからどんな我慢もすると」とせがむように言う。

「まだ施術を始めて一か月たらずでこれだけ良くなったのだから、もう少し辛抱したほうがいい」それでもおばあさんは来るたびに「早く治してくれ」と言う。根性もあるがせっかちなようでもある。それでも来るたびに「早く治してくれ」と言う。「入院になっても責任は持てないよ」と言ったが、「それでも良い」その日、仙腸関節、背中、下肢を何回も緩めては調整した。

体はまっすぐになっておばあさんは凄く喜んだが、あくる日半分元に戻っている「かまわないからやってくれ」ケガをさせるわけにもいかないので普通に調整した後に軽く操体法(自分で動いて治す施術)を施術した、やはり腰は伸びたが翌日には何と酷い筋肉痛を起こしてしまった・・・。

外的な痛みや神経痛の痛みには慣れていたようだが普段動かないため、いくら根性があっても筋肉痛には参った様であった・・・その後、数回でおばあさんは来なくなった。いくら患者の要望でも強い施術ややりすぎはいけない。あれから二十年たった今でも、おばあさんの事を思い出す。

 

この様に当センターでは数えきれないほどの腰痛を改善してきました!!

腰痛の施術のポイントとしては、骨盤の調整と腰椎の調整が大切なポイントになります。

腰の痛みが無くなれば、仕事や家事、運転も楽になり、楽しい旅行などにもいけるでしょう!

※腰痛の原因は85%原因不明と言われていますが、その原因の多くは関節のズレと筋肉のコリにあります。当センターの整体で、お困りの症状が改善されていく方たちも沢山おられますので病名にとらわれず、この様な施術を試してみてはいかがでしょうか。

向山整体センター

 

ブログ